<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ウエディング・ベル」だけじゃない♪
こんばんは~

HPを休んでいた間にシュガー(Sugar)にハマってしまいました。
砂糖ではなく....。
80年代に「ウエディング・ベル」を大ヒットさせた
女性3人(長沢久美子さん、笠松美樹さん、毛利公子さん)のグループです。

僕が小さい頃に「ウエディング・ベル」が流行って
ザ・ベストテンなどの歌番組でシュガーが歌うのを見ていました。
当時の印象は、大人のお姉さまたちという感じでしたが。

YouTubeで改めて見させてもらうと、3人ともすごくキュート。
コーラスが素晴らしく綺麗で演奏している姿も素敵です(^^♪
「ウエディング・ベル」





「ムーピー・ベイビー」はファーストアルバムの1曲目で
リードボーカルの笠松美樹さんが作詞・作曲。すごく好きです。
「私○にほリカ人」と「アバンチュールはルックスしだい」は
聴いていて楽しい(^^)





「キスがいっぱい」
この曲も好きです。可愛い(^^♪





「CIRCUS GAME」
アニメ「伊賀野カバ丸」の主題歌ですが、
「伊賀野カバ丸」を見ていなかったので覚えていませんでした。
でも聴くと、どことなく懐かしい感じがして。これも良い曲です。





CDをゲットしています(^^)
ファーストアルバム「SUGAR DREAM」

SUGAR DREAM



ベスト盤「SUGAR」

SUGARベスト盤1



ベスト盤「ゴールデン☆ベスト」

SUGARベスト盤2



オリジナルアルバムでCD化されているのはファーストだけなので
セカンド以降もすべてCD化して貰いたいです。

実はシュガーのアナログレコードの方もアルバム・シングル共に
集めていまして。まだ全部ではないのですけど。
(時間もかかるので、レコードについてはまた日を改めて。)

シュガーというと、真っ先に思い出されるのは
やはり有名な「ウエディング・ベル」になりますが
他にも素敵な曲が、たくさんあります(^^♪
スポンサーサイト
変則チューニングがカッコいい
こんばんは~
「Long Long Time Ago」という
長渕剛さんの1985年の楽曲なんですが、
変則チューニングのアコギが幻想的な
雰囲気を醸し出していて、大好きな曲です。




弾いているヤマハのカスタム、かっこいい(^^)
注目のアイドルグループ ~欅坂46~
こんばんは。

昨日の「クレヨンしんちゃん」は楽しかったです(笑)
普段はあんまり見ていないのだけど、未来ちゃんが
コメント出演するというので録画してちゃんと見ました♪
アニメというとよく見るのはサザエさんくらいなんで・・

そういえば小さい頃はドラえもん、パーマン、
忍者ハットリくん、Dr.スランプアラレちゃんとか。。。
よく見てたな~
それから、まんが日本昔ばなしも。懐かしい~
ドラえもんは今もたまに見ますけどね。
これからはしんちゃんもチェックしよう(^^♪

ところで。
一昨年から注目しているアイドルグループがいます。
欅坂46です。
元々、日テレとテレ東で放送している
乃木坂46さんの番組が好きで見ていて、一昨年、
欅坂46の番組(「KEYABINGO」「欅って、書けない?」)
が始まるということで、
最初は乃木坂さんのついでに見ているという感じだったんですが。

続けて見ているうちに情が沸くといいますか・・
素敵なグループだなと思うようになりました。
歌も良いしキレのあるダンスもかっこいい♪
先日放送された、NHKの「SONGS」や
Mステーションでのパフォーマンスも素晴らしかった♪

今夜は「乃木坂工事中」の後に「欅って、書けない?」の放送があるので
続けて録画です(^^)
番組では欅坂さんのメンバーそれぞれの個性が光っていて、楽しいです。

曲は1stシングルの「サイレントマジョリティー」と
最新曲の「不協和音」が特に好きです。
YouTubeでよく聴いています(^^♪

「不協和音」



「サイレントマジョリティー」
気になるアーティスト ~miwaさん~
こんばんは~

去年からずっと頭の中で流れ続けています。
2016年NHK全国学校音楽コンクール中学生の部の課題曲
miwaさんの「結 -ゆい-」♪




去年、歌番組で初めて聴きました。
ぐっと心に響くものがあって。
特にNHKのSONGSと紅白歌合戦で中学生の子たちと
合唱したバージョンは最高に感動的でした。

「結 -ゆい-」が好き過ぎて
去年は初めてmiwaさんのCDを買いました。

miwaさん201704-05


その流れでDVDも♪
武道館での弾き語りライブ「acoguissimo」です。

miwaさん201704-02

miwaさん201704-03

miwaさん201704-04


「don't cry anymore」ってデビュー曲で、
当時はそれほど気に留めていなかった気がしますが・・
こうしてじっくり弾き語りバージョンを聴くと、すごく良いです。
アコギだけでこれだけ表現できるってずこいと思います。
miwaさん、ギターはほとんどメインのギブソンJ-45を使っていて
円形ステージ上にはヤマハのLL36が2本置いてありますが、
ヤマハの方はとうとう最後まで弾かなかったみたいで。
期待していたんですが~(^^ゞ
でもSONGSとか「結 -ゆい-」の特典DVDの映像で
LL36を弾いている姿が見れるので、嬉しいです。

このギター雑誌でmiwaさんが持っているのがLL36です。

miwaさん201704-01


そのヤマハのLL36を、実は・・
去年買いました♪
元々LL26が好きなので新仕様の26をもう一本手に入れる
つもりだったんだけど、影響されてLL36の方を選びました。
miwaさんのおかげで買う気になれたギターです。
LL26と一緒にLL36は宝物になりました。
miwaさんありがとう(笑)(^^)/

他に手に入れた日本製のギターもあるので、LL36については
また、日を改めてここに記します(^^)
気になるアーティスト ~井上苑子さん~
こんばんは~。

先月放送された志村けんさんの「だいじょうぶだぁSP」では
久しぶりにドリフターズが4人全員でコントを見せてくれて
すごく楽しかったです。4人のトークも楽しかった。
最年長の高木ブーさんもお元気そうで何よりです。
ドリフ好きとしては4人集まってくれるだけで嬉しい。
いかりやさんもこの様子をきっと空の上で見ていたはず!そう思います。
本当に久しぶりに
ド・ド・ドリフの大爆笑!!ってな感じでした(笑)

長くなりましたが、、、

井上苑子さんというシンガーソングライターの女の子。
去年あたりから歌番組で見るようになったんですが、
アコースティックギターを抱えながら歌う姿がキュートで
しかもその使用しているギターが僕のと同じYAMAHAのLL26でして。
(井上さん使用のLL26は2014年以降の新仕様、僕のは旧仕様。)

これ↓は僕のLL26です。

YAMAHA LL26AREとピック(2014年8月)



ギター雑誌のインタビューを読むと
井上さんもYAMAHAのアコギが大好きみたいなんです。
同じギターを使ってくれていると思うと嬉しくて♪
それ以来、勝手に親近感が(^^ゞ
新曲「メッセージ 」のPVを見るとLJ36を弾いているみたいですが・・
36へ。鞍替え?!(^^ゞ

井上さんは歌声、歌の内容も素直でピュアな感じがいいなと思います。
まだCDを買ったりはしていないんですけどYouTubeで曲を聴いたり
出演する歌番組はチェックしています。
では特に好きな曲がYouTubeにありましたので(^^)

1「だいすき。」
2「ナツコイ」
3「エール」






「アメリカ」
YouTubeで見つけました♪
ポール・サイモンの「アメリカ(America)」です♪
サイモン&ガーファンクル時代の「Bookends」(1968年)に
収録されている曲です。
↓1991年の東京ドームでのライブから。




↑この1991年の東京ドームでのライブは当時、テレビ朝日で
放送されて、僕も録画したテープを今でも持っています。
でも音がすごく小さくなってしまっていてノイズも酷く、
こうしてYouTubeで綺麗な映像で見られるのが嬉しいです(^^♪

サイモン&ガーファンクルの原曲とは違った感じで、
ギター1本の弾き語りでポールさんは囁くように歌っています。
この曲も大好きです(^^♪

↓はサイモン&ガーファンクルの1981年のセントラルパークでの
再結成コンサートから「アメリカ」です♪

ドリフ大爆笑のオープニングテーマ
YouTubeで見つけました♪
大好きだった番組、ドリフ大爆笑のオープニングテーマです(^^)
1983年から20年も使われた6代目のオープニングで、
僕が一番親しんだバージョンはこれでした。
毎日毎日楽しいことばかりではなく、
悲しかったり落ち込んだりもしますが・・
この歌で少し元気を(^^♪




歌いましょう♪

ド・ド・ドリフの大爆笑~
チャンネル回せば顔なじみ~
笑ってちょうだい今日もまた
誰にも遠慮はいりません!

(↓バンド演奏の音です・・笑)
タラッタラッ ターラ タラッタラッ ターラララ

ド・ド・ドリフの大爆笑~
5人はますます元気です~
今日のテーマは何だろな
力いっぱいぶつかるぞ!

(ここで間奏、その日のコントのダイジェストが流れます。)

ド・ド・ドリフの大爆笑~
ゲストも楽しい人ばかり~
てぐすね引いて待ってます
これを見なけりゃ損をする!

(↓バンド演奏の音ですよ・・笑)
タラッタラッ ターラ タラッタラッ ターラララ

ド・ド・ドリフの大爆笑~
兄さん姉さんパパにママ~
じいちゃんばあちゃんお孫さん
揃ったところではじめよう!
揃ったところでは・じ・め・よ・お~!!


改めて聴いて、良い歌だな~と思いました!!
自然と笑みがこぼれてきます(^^♪
「After The Gold Rush」
YouTubeで見つけました♪
ニール・ヤングの「After The Gold Rush」です(^^♪
1978年のライブから↓




1970年のソロ3作目のアルバム「After The Gold Rush」の
タイトル曲です。
ニール・ヤングのピアノ曲では
これが最高峰ではないかと思っています(^^)
(ピアノ系では「Birds」や「A Man Needs a Maid」など
他にも良い曲ありますけれども。)
大好きな曲です(^^♪

ピアノを弾きハーモニカも吹きながら
歌うニールさん、かっこいいです。

↓も70年代のライブと思われます(^^)

「時の流れに」
YouTubeで見つけました♪
ポール・サイモンの
「Still Crazy After All These Years(時の流れに)」です(^^♪
1975年のポール・サイモンの大傑作アルバムのタイトル曲です。
僕は大好きで(^^) 何度聴いても飽きない曲です♪(^^ゞ

↓は1975年の映像から。




↓は1977年の映像から「時の流れに」。
これはポール・サイモンのスペシャル・ショーという
ビデオテープで僕も持っています(^^ゞ




↓はPhiladelphiaでのライブから。(1980年)




↓は1991年のセントラルパークでのライブから。
このセントラルパークのライブ版はビデオテープとCDで
発売されていたんですが、僕はCDの方だけ持っています。
この頃にはもうリアルタイムでポール・サイモン聴いていました(^^)




「時の流れに」ではエレクトリックピアノが最後まで
綺麗な響きで、良い味を出しています。
ポールさんのボーカルも物憂げな感じで、良いです。
何度聴いても飽きません(^^ゞ
わりと短めで、もう少し聴いていたいというところで
終わってしまうのが要因かもしれません。
とにかく大好きな曲です(^^♪
「Tell Me Why」
YouTubeで見つけました♪
ニール・ヤングの「Tell Me Why」です(^^♪
1971年のライブから↓






CSN&Yの「デジャ・ヴ」と並行して発表されたソロ3作目の
名盤「After The Gold Rush」(1970年)の冒頭に収録されています。
「Tell Me Why」はニール・ヤングの作品で
最も好きな曲の中の一つです(^^♪
アコギのチューニングは全弦1音下げです。
この曲初めて聴いた時は学生だったんですけど、
1音下げなんてそれまで試したことがなく、面白くて、
一生懸命耳コピーして練習しました(^^ゞ
「Find the Cost of Freedom」
YouTubeで見つけました♪
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの
「Find the Cost of Freedom(自由の値)」です(^^♪




ライブ版の「4 Way Street」(1971年)に収録されています。
(画面に映っているのがアルバムジャケットです。)
「Find the Cost of Freedom」はアルバムのラストを飾っています。
映画「イージー・ライダー」の最後のシーンのために
スティルスさんが書き上げた作品です。

後半のエレキセットでニールさん&スティルスさんのエレキギターの
バトルが延々と続いた後、最後にアコースティックギターでこの曲が
静かに演奏され、歌われています。
CSN&Yのライブはこの曲でいつも締め括られていたようです。

この曲でのニールさんとスティルスさんのアコギ。チューニングは
ダブルドロップD(レギュラーから6弦と1弦のみ1音下げる)になっています。
ふたりの演奏がすごくかっこよくて、今でも憧れです(^^♪
「Helpless」
YouTubeで見つけました♪
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの1969年のライブから
「Helpless(ヘルプレス)」です(^^♪




このグループの第1作目「デジャ・ヴ(Deja Vu)」(1970年)に
収録されています。ニール・ヤングの名曲です♪
メロディーも詩も、綺麗な曲です。
サビの「ヘルプレス、ヘルプレス~」でのCSNのコーラスも
素晴らしく美しいです(^^)

曲はスリーコード(D A G)で出来ていて、
ギターで伴奏するのは結構楽だと思います。
D→A→Gのコードストロークをずっと繰り替えすのですが、
簡素なストロークでもニールさんが演奏すると
独特の味があって良いんです。
この曲も大好きです(^^♪

↓はニールさんのYouTube公式チャンネル動画での
「Helpless」ライブ映像です。
(1971年 Massey Hallでのライブから。)
このMassey Hallのライブバージョンは僕もCDとDVDで持っています(^^)

「On The Way Home」
YouTubeで見つけました♪
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの1971年の
ライブから「On The Way Home」です(^^♪




元々はニール・ヤングがスティルスさんと一緒に在籍していた
バンド「バッファロー・スプリングフィールド」時代に発表して、
後のクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングとしてのライブ版
「4 Way Street」(1971年)にも収録されている曲です。
このライブ版は前半がアコースティックセット、後半がエレキセット
に分かれていて、「On The Way Home」は前半アコースティックの2曲目。
ニールさんの若々しいボーカルとカッティングを入れたギターの
コードストローク、スティルスさんのリードギター、
クロスビー&ナッシュさんの美しいハーモニー、どれをとっても素晴らしい♪
明るい曲調で大好きです(^^♪

ニールさん単独のライブバージョン↓も見つけました。
(Massey Hallでのライブ 1971年)
このMassey Hallでのライブは僕もDVDとCDで持っています(^^)

「Just A Song Before I Go」
YouTubeで見つけました♪
クロスビー、スティルス&ナッシュの1991年のアコースティックコンサートから
「Just A Song Before I Go」です(^^♪




グレアム・ナッシュさんの作品です。
ナッシュさんがピアノ、クロスビーさんはアコギ、
スティルスさんはエレキ。
演奏も歌も素晴らしくかっこいい(^^♪
短い曲ですが、大好きです(^^♪
「デジャ・ヴ」
YouTubeで見つけました♪
CSNの1991年のアコースティックコンサートから、
「デジャ・ヴ(Deja Vu)」です(^^♪




ニール・ヤングが加わった、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
としての第1作目(1970年)のアルバムタイトル曲です。
デヴィッド・クロスビーさんの作品。
この方たちの音楽を聴くようになって、先ず詩の内容が難解で
ちょっと とっつきにくいと感じたのがクロスビーさんの作品でした(^^ゞ

この「デジャ・ヴ」も「青い瞳のジュディ」と同様、ギターのチューニングが
変則(6弦からEBDGAD)です。
「青い瞳のジュディ」(6弦からDADDAD)でのスティルスさんのアコギの
演奏は自分なりに研究したのですが、「デジャ・ヴ」については
まだ耳コピーをちゃんとしたことがありません。
(いずれは挑戦してみたいです♪)

クロスビーさんのアコギの演奏・この曲全体が、
どこか幻想的な雰囲気に包まれている感じです。
ナッシュさんもアコギを弾き、スティルスさんはエレキ。
3人のコーラス・ギターワークも素晴らしいです(^^♪
プロフィール

イサ

Author:イサ
志田未来ファンサイト【未来's Cafe】
http://mirai-cafe.com/
の管理人をしています、イサです。
よろしくお願いします(^^♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。